俳優・女優

キム・ジェウクのプロフィール、オススメ出演作品まとめ

2019年7月9日

キム・ジェウクは、モデル、俳優、ミュージシャンと幅広い顔を持つ韓国人タレントです。

30代後半に入ってもその人気は衰えを知らず、演技に磨きをかけてますます活躍の幅を広げています。日韓合作の映画にも出演し話題となりました。

そんなキム・ジェウクのプロフィールや出演作を振り返りながら、彼の魅力を見ていきましょう

キム・ジェウクってどんな俳優?

キム・ジェウクのプロフィールはこれ!

出典:pinterest

名前キム・ジェウク(김재욱)
生年月日1983年4月2日
身長・体重183cm、65kg
血液型B型
出身韓国、ソウル特別市
学歴ソウル芸術大学実用音楽科卒業
結婚独身
所属事務所マネジメントSOOP
ファンクラブ日本公式ファンクラブ「LUCK」
趣味・特技野球

音楽科を卒業していることから歌や音楽活動が得意な俳優です。バンドは中学時代から組んでいました。

また、子供の頃から野球選手になりたかったほど野球が好きで、大人になってからも友人とチームを作り楽しんでいるそうです。

キム・ジェウクは日本語がペラペラって本当?

出典:news.chosun

キム・ジェウクといえば、日本語がネイティブ並みにペラペラであることが有名です。

彼は、父親が新聞記者をしており、その仕事の関係で生まれてすぐに来日し、小学校入学まで東京に住んでいました。ちなみに、慶応大学の近くに住んでいたそうです。

1988年に開催されたソウルオリンピックも、生まれ故郷のソウルではなく、東京で見ていたそうですよ。

日本のエンターテイメントにも詳しく、好きな俳優は堤真一、好きなミュージシャンは椎名林檎とのことです。

キム・ジェウクの出演作品一覧!

ドラマ

2017年愛の温度
2017年ボイス
2015年甘い(WEBドラマ)
2015年甘い誘惑Only For You(WEBドラマ)
2014年感激時代
2013年君を守る恋〜Who Are You〜
2010年キミの記憶をボクにください〜ピグマリオンの恋〜
2010年赤と黒
2010年メリは外泊中
2008年風の国
2007年タルジャの春
2007年コーヒープリンス1号店
2002年勝手にしやがれ

映画

2018年蝶の眠り
2016年二つの恋愛
2016年徳恵翁主
2015年プランク定数
2015年セシボン
2008年Antique〜西洋骨董洋菓子店

キム・ジェウクの出演おすすめドラマまとめ!

アイドルオタクとのロマンス!?「彼女の私生活」

出典:1boon

「彼女の私生活」は、アイドルオタク女子の仕事と恋愛をコミカルに描いたドラマです。

パク・ミニョン演じる主人公、ソン・ドクミは、昼間はアートギャラリーで日々バリバリ働いています。しかし、彼女には職場の誰にも教えていない裏の顔がありました。

それは、大のアイドルオタクとして活動しているということです。

そんな彼女と、厳しい上司のライアン(キム・ジェウク)とが、次第にラブロマンスを繰り広げることになります。

「彼女の私生活」で見られるキム・ジェウクの魅力とは

出典:1boon

キム・ジェウクが演じるのは、天才画家であり美術ギャラリー館長として成功しているライアンです。

一見、とても冷酷で厳しそうな性格ですが、実は社会的弱者の前ではだれよりも優しいという二面性を持っています。

そして、ライアンは幼い頃に親から受けたあるトラウマを持っていました。

そんなライアンが、アイドルオタクのドクミと出会い、なんとオタク初心者への道に入っていくのです。

堅物な彼が主人公と出会い、どのように心を溶かしていくのか、その変化をキム・ジェウクがどのように演技で見せるのかが見どころといえるでしょう。

年上女子と年下男子の胸キュン純愛「愛の温度」

出典:SBS

「愛の温度」は、年上女子と年下男子の年の差純愛を描いたラブストーリーです。

主人公のヒョンス(ソ・ヒョンジン)は、夢を追うために大企業を辞めて脚本家のアシスタントとして働いています。

ある日、料理人で6歳下のジョンソン(ヤン・セジョン)と出会ったヒョンスですが、なんと初めて会ったその日にジョンソンから愛の告白をされてしまいます。

ジョンソンの留学をきっかけに一度は別れた2人ですが、5年後、運命的な再会をするのでした。

年齢も性格も違う2人が、「最適な愛の温度」を見つけていくラブストーリーが見どころです。

「愛の温度」でのキム・ジェウクの役どころとは

出典:SBS

キム・ジェウクは、ジョンソンのライバル役パク・ジョンウを演じています。

ジョンウは若くして実業家となり、制作会社の代表を務めていました。そして、ジョンソンの料理の腕と人間性に惚れ込んでジョンソンを弟のように可愛がるようになります。

ところが、いつしかジョンソンと同じく主人公のヒョンスを愛してしまうのです。

信頼を寄せる相手と同じ女性を好きになってしまい揺れ動く感情を、キム・ジェウクがいかに表現するかが見どころです。

イケメン同士のコメディが見どころ!「アンティーク〜西洋洋菓子店〜」

出典:viki

「アンティーク〜西洋洋菓子店〜」は、日本でもヒットした漫画を韓国で映画化したものです。

財閥の2世、元ボクシングチャンピオン、ボディーガードがケーキ屋を経営しながら騒動に巻き込まれていく様子をコミカルに描いています。

イケメン俳優同士の同性愛描写も大きな話題となりました。

キム・ジェウクの見どころやベストシーン等を紹介

出典:cine21

キム・ジェウクは本作品の中で同性愛者のソンウというキャラクターを演じています。

ソンウの元カレ役をフランス人俳優のアンディー・ジレットが演じ、この2人のキスシーンをはじめとする同性愛者同士のラブシーンが注目を浴びました。

当時は、キム・ジェウクの同性愛者の演技があまりに自然だったため、本当に同性愛者なのではないかと噂が出るほどだったのです。

それだけ、彼の演技に対する入り込み方や情熱がすごいのでしょう。

日韓合作の美しい映画「蝶の眠り」

出典:site1

「蝶の眠り」は、中山美穂を主演に迎え、売れっ子の女性小説家が、韓国人留学生との愛を通して、アルツハイマーという病と向き合う姿を描いた作品です。

主人公の売れっ子小説家・涼子は、遺伝性アルツハイマーに侵されはじめていることを知り、死を前にして何かをやり遂げたいと考えます。

そして、大学で文学部の講師として教壇に立つのでした。そこで、韓国人留学生チャネ(キム・ジェウク)と出会います。

年齢の差を超えて、いつしか惹かれ合う涼子とチャネでしたが、病が進行し続けていることを知った涼子は、チャネとの関係を断ち切ろうとします。

しかし、チャネにとっては別れなど到底受け入れることができないものでした。

「蝶の眠り」で発揮されるキム・ジェウクの才能

出典:biglobe

キム・ジェウクは、本作品で韓国からの留学生という役を演じており、全編日本語のセリフで演技しています。

キム・ジェウクといえば、その日本語の上手さがよく知られている俳優ですが、本作品でもとても流ちょうな日本語を披露し、見る者を驚かせました。

また、主人公の涼子は、キム・ジェウク演じるチャネに小説の執筆を手伝わせようと依頼します。

「小説家」という、キム・ジェウクにはこれまでなかった役どころも注目です。

多才なキム・ジェウクの今後の活躍に期待!

出典:insight

キム・ジェウクは、長身でイケメンであるだけでなく、幅広い演技力と音楽の才能を兼ね備えた稀有なエンターテイナーです。

日本語の上手さも大きな魅力の一つなので、これからも「蝶の眠り」のように、日本人俳優と共演したり日本が舞台の作品に出たりしてほしいですね。

年を重ねるにつれ、演技の幅も広がり続け、さまざまな役で視聴者を楽しませてくれることでしょう。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ

-俳優・女優

Copyright© 韓MAGA , 2020 All Rights Reserved.