ドラマ

「王になった男」ドラマあらすじ紹介!ヨ・ジング主演でドラマリメイク

2019年11月2日

出典:dailian

韓国ドラマ「王になった男」は、2013年に公開されたイ・ビョンホン主演の大ヒット映画「王になった男」をリメイクした作品です。

朝鮮王朝時代、王は自分の命を狙う者から脱するため、双子よりもよく似た芸人を宮廷に招くことより展開されていくヒューマン時代劇です。
王とそっくりな顔をした芸人が影武者になったことで壮大な物語が始まります。

映画では描かれなかった王妃ソウンとのラブロマンスもみどころです。

『王になった男』キャスト紹介

出典:BTSlife

ハソン役:ヨ・ジング
王とそっくりな芸人。
一度は身の危険を感じ宮廷から逃げ出すものの、再び戻り、王の影武者となる。

イ・ホン役:ヨ・ジング
王。
王位を狙う者の不安感に加え、若い異母弟を殺した罪悪感に苦しんでいる。

出典:tistory

ユ・ソウン役:イ・セヨン
王妃。
王のイ・ホンが苦しむ姿をみて心を痛めている。

出典:hanikookilbo

イ・ギュ役:キム・サンギョン
臣下。
国の安寧のために自らの命が犠牲なることも厭わない、王の忠臣。

『王になった男』あらすじ紹介

朝鮮王朝時代、国王イ・ホンは先王である父親に疎まれていた。
その先王がなくなり王になったイ・ホンは弟を殺害。

イ・ホンは臣下のイ・ギュに、自分が狂う前に何か方法を見つけてくるよう命じた。

その頃、芸を披露しながら妹のダヒルと共に全国を回っていたハソン。
ハソンは漢陽(ハニャン)を訪れていて、王のイ・ホンを揶揄する芸を見せ観客を沸かせていたが、そこに居合わせたイ・ギュによって芸を止められてしまう。
しかし、イ・ギュがハソンの仮面をとると、その顔をみて息を呑む。

なんと、ハソンは王のイ・ホンと顔が瓜二つだったのだ。

「王になった男」各話あらすじ(ネタバレあり!)はこちらから

<1話>

朝鮮王朝時代、イ・ホンは先王である父親に疎まれ、その先王がなくなり王になったイ・ホンは弟を殺害してしまう。
それ以降、死んだ弟の悪夢をみるようになる。

また、自分の命を狙う刺客のせいで精神的に追い詰められていた。

そんなとき、旅回りの一座である芸人のハソンは、王イ・ホンを揶揄する芸をしていた。
その場に言わせた臣下のイ・ギュは、王をバカにする芸をやめさせようとハソンの仮面を取り、ハソンの顔を見て驚く。

<2話>

国王イ・ホンはこのまま自分が宮廷にいてはいずれ殺されてしまうという恐怖から宮廷を出ることにした。

そんなときイ・ギュは、ハソンが宮廷に来たのをいいことに、王と瓜二つな顔をしているハソンに王の代わりをして欲しいと頼む。
そんなことはできないと一度は断ったハソンだったが、一生食べられる財を与えるという条件に渋々承諾。

そして翌朝から、ハソンによる王の代理が始まる・・・。

<3話>

妹タルレの復讐のため、再び宮廷に戻って来たハソンは、一つ約束してほしいことがあるとイ・ギュに頼む。
それは、妹を傷つけた左議政シン・チスの息子、シン・イギョムに復讐することだった。

その後、薬飯(ヤクパプ)に毒を混入したであろう女官が首を吊って自殺、死体が発見された。

薬飯(ヤクパプ)に毒を混入したのは、本当にその女官なのか?

<4話>

ハソンは秘密の通路を使って外に出たことをイ・ギュに叱られる。
イ・ギュはハソンに、油断するな、どこかの誰かが殿下ではないことを疑っているかもしれないから行動は慎め、と伝える。

狩りの最中、刺客に矢を射られたハソン。
イ・ギュに標的になるかもしれないことをなぜ先に言わなかったのか問い詰める。

<5話>

イ・ギュは、ハソンをひと気のない山の頂上まで連れて行き、そこでハソンの胸を刃物で刺した。
「道化のハソンは死んだ。今日からお前がこの国の国王だ」と言い放つ。

そして傷を負ったハソンを抱え王宮に戻るが、ハソンは熱を出してしまう。

その頃、本物の国王イ・ホンは自傷行為をし、脈が感じられないほどに衰弱していた。

<6話>

王妃のソウンは、ハソンの優しさに触れ心を開いていく中で、ハソンに口づけををする。
驚くハソン。

その後ハソンはチョ内官に、そんなに国王と自分は似ているのか、と尋ねる。
「殿下と錯覚するほど似ています」と言われたハソンは、ソウンが見ているのは自分ではなく国王イ・ホンなのだということに苦しむ。

<7話>

これ以上自傷行為をしないよう、両手を縄で縛られた国王イ・ホン。
そんな彼を見つけたダルレは、兄のハソンだと勘違いし縄を解いてしまう。
町までイ・ホンについて行ったダルレだったが、途中イ・ホンを見失ってしまう。

一方ハソンは、節句ににぎわう町で王妃と一緒にいた。

<8話>

ムヨンの助けで、なんとか這い上がったハソン。

ハソンはムヨンから「私は殿下からの命令でお前の首を持って行かなければならない。どこかに逃げてしまえ」と助言を受けるのだが、ハソンは命よりも大切なものが今の王宮にはあると告げる。
それはソウンのことだった。

そんな中、ハソンはソウンとの床入れに臨もうとしていたが、突然激しい頭痛に襲われてしまう。

<9話>

その日は王の誕生日だったので、王妃ソウンは心を込めて作った手作りの筆入れを王のふりを続けるハソンにプレゼントした。
喜ぶハソンはソウンに「私はあなたに恋慕している」と自分の気持ちを告白する。

その頃宮中に密かに戻っていたイ・ホンを、公の場では祝えないが本来は誕生日だからと海に連れ出すイ・ギュ。
祝いの酒を注ぎ、飲み干すイ・ホンだったが、次の瞬間血を吐いてしまう。
酒には毒が入っていた・・・。

一方宮廷の外では、王のイ・ホンと瓜二つの顔をした芸人がいるという噂が流れ、大臣たちはその芸人を捕まえるために全ての芸人を捕まえてはどうかと提案していた。

<10話>

国のためと、イ・ホンを殺害したイ・ギュ。

その頃ハソンとウソンは、お互いの気持ちを確かめ合うように口づけを交わす。
欲しいものはないかと尋ねるハソンに、ウソンは殿下の子供が欲しいという。

二人の関係がイ・ギュに知られるとこの国の民が危険に侵されるかもしれないという状況の中、やることは山ほどあるのだから王妃への気持ちを整理するように、と言われてしまい・・・。

<11話>

ついにハソンがイ・ホンではないことを知ってしまったソウンは、ハソンを冷たい目で見つめその場を去った。
ハソンは、チョ内官に王妃のことを傷つけてしまったこと、最初から近づかなければ良かったと言い泣き崩れる。

その頃、ソウンも1人部屋で泣いていた。
そのことを知ったイ・ギュがソウンの元に訪れ、全てを正直に話した。

そして、今後どうするかはソウンの判断に任せると告げて・・・。

<12話>

ソウンを守り、矢に射られたハソン。
ソウンに抱きとめられながら意識を失う。

その後意識を取り戻すと、自分を看病しているソウンがいた。
ソウンはハソンを失ってしまうのではないかと思い怖くなったと告げ、何があっても側で生きていくことを誓う。

一方、翌日に明の使臣との会談を控えていたイ・ギュは、ハソンが刺客に襲われたことを知り、焦る。

そして会談当日・・・。

<13話>

ハソンの正体を知ったシン・チスはハソンに土下座させ、ハソンとイ・ギュを訴えると言った。

ダルレが無事でいるか見たいと訴えるハソンに、チスは、王が直接取り調べを行う親鞠(チングク)を開き、そこで呼べばいいという。

親鞠が始まると、証人であるダルレが呼ばれ、胸が痛むハソンだったが、ダルレの無事を確認したハソンは一気に反逆に出て・・・。

<14話>

ハソンは、ソウンの傷ついた心を癒すため海に誘い出す。
二人は偕老できる木の下で、これからは喜びも悲しみも一緒に分かち合っていくことを誓う。

その頃イ・ギュは、ソウンの父が何者かによって殺されていたことを知り、帰ってきたハソンとウソンにそのことを知らせる。

ソウンの父親を殺したのは何者なのか? その目的とは?

<15話>

ハソンは、チョ内官から晋平君が反乱軍を率いて宮廷に入って来たことを聞く。

ハソンは急いで信頼できる援軍を要請するが、晋平君とチスによって捕らえられてしまった。

チスから「宮廷の門を開き、イ・ギュを斬首刑にすることを命じたら反乱を止める」と言われ、決断を迫られたハソンは・・・。

<16話(最終回)>

斬りつけられたイ・ギュを抱きとめるハソン。
イ・ギュは最後の力を振り絞り、「殿下(ハソン)にずっとお仕えできなかったことを謝罪する。そして罪人として宮の外に公開して欲しい」とハソンに伝える。
ハソンは、「そんなことはできない。あなたは罪人ではなく忠臣ですから」という。
イ・ギュはハソンの手を握り亡くなってしまう。
号泣するハソン。

それからハソンは王として、裏切り者のチスと大妃の処刑を執り行い、王族でもっとも優秀とみていたキソンに王の座を明け渡すことにした。

ソウンはそんなハソンと共に、城を去ることを決意する。
しかし、ハソンは道中、大妃の手下によって仇討ちにあってしまい・・・。

『王になった男』のロケ地は?

出典:withmbc

「王になった男」は、ソウルからは車で約1時間半ほどかかる京畿道龍仁市にある「龍仁大長今パーク」で撮影されました。
MBSのドラマのほとんどが、この龍仁大長今パークで撮影しています。

ロケ地を巡る日帰りの日本人ガイド付きツアーもあるので、韓国を訪れる際は安心して訪れることができます。
ストレスフリーで韓国ドラマのロケ地巡りを楽しみましょう!

タビナカ

リメイクに大抜擢された若手俳優ヨ・ジング

出典:instiz

映画版でイ・ビョンホンが演じている役を、ドラマ版ではヨ・ジングが演じています。
ジングはその抜群の演技力と美声の持ち主であることから、「第二のイ・ビョンホン」と呼ばれています。

映画とは異なり、ドラマ版の主人公は、朝鮮の第15代国王光海君をモチーフにした人物であることが明らかになっています。

その他全員、歴史上実在した人物たちをモデルにしたとされています。

\ヨ・ジングについて詳しく知りたい方はコチラ!/

天才子役の成長ぶりに大注目!韓国イケメン俳優ヨ・ジング

出典:NEWSIS 大ヒットドラマ「太陽を抱く月」で主人公の幼少期を演じ、話題を集めたヨ・ジング。 子役から大人の演技派俳優へと変身を遂げ、演技もルックスもさらにパワーアップしたヨ・ジングに、今とても ...

続きを見る

『王になった男』のDVD情報

2019年11月現在、現地韓国で放送終了されたばかりのドラマ「王になった男」は、残念ながらまだDVDが発売されていません。

しかし動画配信サービスのU-NEXTでは、今回ご紹介した「王になった男」の主演ヨ・ジングが出演する「太陽を抱く月」「オレンジ・マーマレード」など含め、韓国ドラマ860作品がすべて見放題です。

U-NEXTは31日間無料トライアルを実施しているので、この機会にヨ・ジング主演の韓国ドラマを見て、「王になった男」を見る準備をしてはいかがでしょうか?

また、イ・ビョンホン主演映画版「王になった男」もこちらで視聴することができます。ドラマ版と見比べるとより「王になった男」の世界を楽しめます。

U-NEXT無料トライアルのご登録方法はこちら↓

U-NEXT入会(会員登録)のポイント

数ある動画配信サービスの中で最も韓国ドラマの配信が充実しているサービスが「U-NEXT」です。 このページでは、U-NEXTの登録手順について紹介します。 必要なもの、料金、支払い方法、無料お試し期間 ...

続きを見る

『王になった男』はドラマ版でも大ヒットを記録

出典:hankookilbo

「王になった男」は、イ・ビョンホン主演の映画のリメイクドラマとなっていますが、映画にはないストーリーと美しい映像で、全く劣らない内容になっています。

特に、ヨ・ジングが王と芸人の二役を見事に演じ分けているところに、彼の演技力の高さを実感します。
悲しんでいる王妃をハソンが海に連れて行き、永遠の愛を誓うシーンはとても美しく、みどころの1つになっています。

実在した人物を描いた時代劇でもあるので、実在した人物の世界観は崩さず、映画にはないラブロマンスとハラハラドキドキする展開を楽しめる内容です。
映画版と見比べると、いっそう楽しむことができますね。

映画版『王になった男』DVDはこちら!

イ・ビョンホン主演の「王になった男」映画版は現在AmazonにてDVDが販売されています。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ

-ドラマ
-, , , , ,

Copyright© 韓MAGA , 2020 All Rights Reserved.