俳優・女優

韓国女優パク・ミニョンの色褪せない魅力とは?

2019年6月18日

「出演作が必ずヒットする」と言われ、絶大な指示を誇る韓国女優のパク・ミニョン
美しい美貌と確かな演技力で人気を博し、幅広い年代から支持されています。

最近ではチ・チャンウクキム・ジェウンと共演し、またCM女王とも呼ばれ、
ますます話題を集めるパク・ミニョンの魅力に迫ります。

パク・ミニョンについて

プロフィール

名前パク・ミニョン(박민영)
生年月日1986年3月4日(33歳)
血液型O
身長/体重164/46kg
出生地ソウル特別市
家族構成両親、姉
所属事務所キングコングエンターテイメント
デビュー「SKテレコムJune」CM (2005)

出演作品一覧

2006年 MBCドラマ「思いっきりハイキック!」
2007年 KBSドラマ「アイ・アム・セム」
2008年 KBSドラマ「新・伝説の故郷 李王朝暗史」
2009年 MBCドラマ「幻の王女 チャミョンゴ」
2010年 MBCドラマ「ランニング」
2010年 KBSドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」
2011年 SBSドラマ「シティーハンター in Seoul
2011年 KBSドラマ「栄光のジェイン」
2011年 映画「The Cat」
2012年 MBCドラマ「Dr.JIN」
2014年 MBCドラマ「弁護士の資格」
2014年 KBSドラマ「ヒーラー ~最高の恋人~
2015年 中国ドラマ「ゴシップ・ガール」
2015年 SBSドラマ「リメンバー」
2016年 中国ドラマ「時光之城」
2017年 KBSドラマ「七日の王妃」
2018年 tvNドラマ「キム秘書はなぜそうか」
2019年 tvNドラマ「彼女の私生活

パク・ミニョンおすすめ出演作(年代順)

シティーハンター in Seoul (2011)

シティーハンター in Seoul」はパク・ミニョンが25歳の時に出演したドラマで、韓国での人気を不動のものにした作品です。

日本の人気漫画「シティーハンター」が原作で、韓国独自の世界観やストーリーが加えられています。復讐劇と強烈な愛を盛り込んだ切ないラブストーリーになっており、共演は韓国版「花より男子」で一躍トップスターとなったイ・ミンホです。ストーリーのキーパーソンには日本でも活動していた元KARAのク・ハラも出ています。

あらすじ

韓国の大統領府の情報通信のスペシャリストとして活動しているイ・ミンホ演じるユンソンの真の姿は悪を闇に葬るシティーハンター。彼は幼いころに誘拐された過去があり、復讐の道具として武術の達人へと育てられていました。

一方、大統領府の警護官として働いているパク・ミニョン演じるナナはユンソンと出会い、シティーハンターとは知らずに惹かれていきます。正体が明らかになり始めると、ユンソンからは「もう自分と関わるな」と突き放されますがお互いにどうしても離れられない、そんな切ない恋模様を描いているドラマです。

エンディングでは意味深なシーンが視聴者の間でも話題になりました。韓国では本格的なアクションシーンと切ないラブストーリーで話題を呼び、平均視聴率15.2パーセントを記録しています。

 

ヒーラー〜最高の恋人〜 (2014)

ヒーラー ~最高の恋人~」では韓国の大人気俳優チ・チャンウクと共演しています。

この作品に出演したのはパク・ミニョンが28歳の時で、それまでは女性からあまり支持を得るような役柄を演じることがなかった彼女は、脚本家から「女性にあまり好かれていないから、ミニョンが好かれるようにしてあげる」と言われたそうです。

それにより彼女はのちに「女性ファンが増えすごく嬉しかった印象深い作品」だと発言しています。

あらすじ

闇の便利屋であるチ・チャンウク演じるソ・ジョンフは殺人以外なら全てをこなすスペシャリストです。

そんな彼のもとにある女性を探してほしいという仕事の依頼が舞い込みます。ターゲットとなるのはインターネット新聞の記者であるパク・ミニョン演じるチェ・ヨンシンです。

無事に彼女を見つけ出したジョンフでしたが、さらに依頼主からヨンシンの夢を調べてほしいという依頼が来ます。次々に届く不審な依頼が気になっていましたが、彼女の生い立ちや過去を調べていくうちに徐々に気になる存在になっていきます。

パク・ミニョン演じるチェ・ヨンシンも、自分がピンチになる時に必ず助けてくれる正体不明の男性に心惹かれていくというストーリーです。

韓国国内でも高い支持を得て、この作品でカップル賞も受賞しています

 

最新出演作「彼女の私生活」(2019)

パク・ミニョンの最新作品は2019年にtvNで放送されたドラマ「彼女の私生活」です。

放送時彼女は33歳で、女性のリアルなアイドルヲタク生活を見事に再現しており、共演のキム・ジェウクとの恋模様にも目が離せません。

あらすじ

主人公はパク・ミニョン演じる美術館で働くソン・ドンミです。ドンミは仕事が終われば連日アイドルの追っかけをしている生粋のアイドルヲタク。職場ではアイドルヲタクだということを隠していて、クールで知的な女性と周囲からは思われています。

お目当てのアイドルが空港に現れると聞いたドンミは、本格的なカメラと完璧な変装で空港に直行します。自分が運営しているアイドルのホームページに掲載するために、必死に写真を撮っているとある男性にぶつかってしまいます。それが新しく美術館の館長として就任するキム・ジェウク演じるライアンだったのです。

2人はある出来事をきっかけに付き合う振りをするようになり、お互いに気になる存在になっていきます。

初回の放送時はあまり視聴率は振るいませんでしたが、徐々に人気を集めて第9話では自己最高視聴率を叩き出しています。

 

出演作品から見るパクミニョンの魅力

パクミニョンの魅力は作品に合わせて細やかな心情まで演じ分けることができる、確実な演技力です。

「トキメキ☆成均館スキャンダル」では男性に扮した女性を、「シティーハンター」ではたくましい女性を演じたり、「キム秘書はなぜそうか」や「彼女の私生活」では仕事が出来る女性を見事に表現しています。

作品に合わせて役作りをして、自然な演技でキャラクターを演じることが出来る数少ない人気女優の一人です。

彼女の人気のもう一つの理由は、整形をカミングアウトしたという点があります。

様々なヒット作品に出演するようになると知名度も上がり、過去の写真もインターネット上に公開されるようになりました。

過去の外見と今の外見が違うという意見も出てきたことに、パク・ミニョンさんは「中学生の時に二重瞼の手術を、鼻をデビュー当時に手術している」とカミングアウトしたのです。この発言に対し、韓国国民は「素直で良い」「ドラマだけでなく実際の性格も良い」と高評価をしています。

カミングアウトしたことによって彼女の素直で真っすぐな性格に惹かれるファンも多くなり、女優としての人気を高めたと言えます。

パク・ミニョンは結婚してる?恋人は?

韓国芸能界でも、パクミニョンの美しい外見と性格の良さからとても人気がある女優として知られ、今までいくつかの熱愛報道が出ています。

2010年には「トキメキ☆成均館スキャンダル」で共演したユチョンやユアインと噂が出ましたが、あくまでも仲の良い共演者同士の関係だったようです。

2011年に出た熱愛の相手は「シティーハンター」で共演したイ・ミンホです。熱愛報道を受けて両事務所は事実だと認めました。交際がスタートしたのはドラマが終わった直後でしたが、残念ながら5か月後には破局しています。

2014年には「ヒーラー」で共演したチ・チャンクと、2018年には「キム秘書がなぜそうか」で相手役だったパク・ソジュンとの噂もありましたが、どちらもドラマでお似合いの2人だったからこそ出たデマでした。

パク・ミニョンのインスタ情報

パク・ミニョンはインスタにて自身のプライベートな一面や新着出演情報など、多くの写真を載せています。
期待以上の可愛いパク・ミニョンに触れられること間違いなしでしょう。

 

業界内でも支持が高いパク・ミニョン

韓国の芸能界では「どんなにギャラが高くても、まずキャスティングにパク・ミニョンの名前が挙がる」と言われているほどの存在です。
抜群の演技力と唯一無二のスター性から、数々の実績も残しています。

制作会社の期待以上を行く女優として評価されている彼女がこれからどんな作品に登場するのか、活躍が楽しみです。

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ

-俳優・女優

Copyright© 韓MAGA , 2020 All Rights Reserved.