ドラマ

「リターン」韓国ドラマあらすじ紹介!衝撃的な結末とは?

2019年11月29日

出典:SBS

法制度の保護を受けることができる者とできない者が存在する現実が描かれた韓国ドラマ「リターン」。
法の前には全員が平等なはずですが、実際には決して平等など存在しません。

上流階級と格付けされる4人の御曹司が、殺人事件の容疑者として浮かび上がり、担当刑事と弁護士が真犯人を見つけていくというサスペンスを含んだ復讐劇です。

「リターン」キャスト紹介

チェ・ジャへ役:コ・ヒョンジョン のち パク・ジニ

出典:entermedia

テレビ番組「リターン」の司会進行を行う女性弁護士。
とある事件をトッコヨンと共に捜査する事に。


 

トッコヨン役:イ・ジヌク

出典:SBS

熱血な刑事。
過去のトラウマを抱えながらも、ジャへと共に事件の捜査に取り組む。


 

キム・ハクボム役:ポン・テギュ

出典:news.joins

私学財閥の息子。
短気でキレやすく、暴君のような振る舞いをする。


 

カン・イノ役:パク・ギウン

出典:naver

財閥の御曹司。
金と権力で数々の罪をもみ消し、反省のかけらもない自分勝手な人生を送る。


 

ソ・ジュニ役:ユン・ジョンフン

出典:news.chosun

病院の一人息子。
自分の罪に耐えきれず薬に手を出し薬物中毒になる。


 

オ・テソク役:シン・ソンロク

出典:topstarnews

ベンチャー企業のCEOであり、頭脳明晰だが冷酷で無感情。

『リターン』あらすじ紹介

ある日、路上で謎の死を遂げた遺体が発見される。
遺体はスーツケースに入っており、身体には数字が書かれていた。

容疑者候補にあがったのは4人の御曹司たち
その事件を捜査していた女性弁護士のジャへと熱血刑事のトッコヨンは、さらに複雑な人間関係や過去の事件に巻き込まれていく。

真相を突き止めていくと、9年前に起きた事件が明るみになり・・・。

「リターン」各話あらすじ(ネタバレあり!)はこちらから

第1話

苦労人弁護士であるジャへは、自らの法廷テレビ番組である「リターン」に出演。
以前解決した強姦殺人事件の謎を再び解き始める。
ジャヘが「法とは、1人の人間の人権で幸せに暮らすためのものです」と言って、番組は終わる。

その後、ジャへは刑事のトッコ・ヨンと出会う。
のちにこのヨンと共に、ある事件と関わることになるとは知らずに・・・。

第2話

女性の遺体が路上に遺棄されているのが見つかる。
遺体はミジョンという名の女性だということが判明し、謎の「99」という数字が彫られていた。

車にはねられたとされるが、冷凍保存の痕跡が見つかり、殺人と断定。
容疑者には、ジャへの友達で元弁護士のナラと、その旦那のイノの二人が挙げられた。
ミジョンはイノの愛人だった。

第3話

ミジョンを殺害した罪でイノが逮捕される。

動揺したナラは無実を証明すべく、イノと近しいテソクとジュニを尋ねる。

その頃、ジャへはナラに頼み込まれ、ジャへの弁護を担当することとなる。

第4話

イノの無実を証明するために動いていたジュニが、テソクとハクボムによって殺害されてしまう。
事件は交通事故として処理されたが、腑に落ちないと首をかしげる刑事のトッコヨン。

テソクとハクボムに疑念を抱き、二人が起こした過去の強姦事件にリンクし言及をするが、言い逃れをされてしまう。

第5話

トッコヨンはヒントを得るべくジュニの遺体のDNA検査をする。
なんと遺体はジュニのものではないことが判明し、捜査を続けたところ、ジュニが生きているとの手がかりを得る。

同時に、事件が起きた場所でハートのブローチが見つかり、誰の物かを調べることになる。

第6話

ジュニがまだ生きているという判断を下し、捜査を続けていた。

療養所にジュニがいるとの情報を得たトッコヨンはジャへと共にその場所へと向かう。
その道中何者かに襲われるトッコヨンだったが、なんとか回避して療養所でジュニを見つけ、病院へと移送される。

第7話

テソクは、犯罪仲間の一員だった外車ディーラーのヒョンギを殺してしまう。

その間も、続いていたイノの裁判に立ち向かうジャへだが、検事からミジョンが流産していたことや、イノを脅していたことなどの証言が出てしまい、イノがそれに逆上したのではという推測が生まれてしまう。
さらに9年前の殺人事件に関与していたことを晒され、裁判は不利な状況に追い込まれて行く。

第8話

イノはジャへの懸命な弁護により、無罪を勝ち取る。

ナラの元へ帰るが、強姦殺人事件に関与していたことを知ったナラは、イノを拒絶する。

その後、イノはディーラーのヒョンギの友人と名乗る男から、とあるUSBを渡される。
そのUSBには、ミジョンの遺体とテソク、ハクボムとジュニの姿が写ったファイルが・・・。

第9話

殺人の容疑から逃れつつあるテソク。

そんなテソクの事務所を訪ねたジャへは、テソクに一通の書類を渡す。
不可解なジャへの行動に不信感を募らせるテソク。

ある真夜中、ジャへに似た姿を見かけたテソクはあとをついていく。
そこには警察官の死体があった。
あたかもテソクが殺したかのシチュエーションに、テソクは現行犯で逮捕される。

その頃トッコヨンは、ジャへが9年前の事件の裁判官だったということを知り・・・。

第10話

テソクたちがミジョンを殺害したことを知ったイノ。

テソクは「全ては9年前の事件の真相を暴こうとするジャへの計画なのではないか」とイノに伝え、許しを乞う。

第11話

テソクはイノを射撃場へと呼び出し、ジュニを殺そうとした経緯をテソクに問う。

その後、大事な書類が紛失していることに気づいたイノ。
ナラに場所を聞くが、罪を認めて普通の夫、そして子供の父として生きて欲しいと嘆願される。

第12話

テソクは、自分の仲間を追い詰めたのはジャヘではないかと考え始め、ジャへを罠にかけることに。

その頃トッコヨンは、全ての事件にジャへが関わっていることを疑問に思い、調査を始めていた。

第13話

テソクはジャへにまんまと逆に罠にかけられ、投獄される。

脱獄をどうやって達成させるか試行錯誤し、ついに脱獄をしたテソクは、ハクボムの別荘に身を寄せることに。

第14話

トッコヨンはジャへと、9年前の事件について引き続き調査を行なっていた。

タクシーの運転手からとある情報を得て、ハクボムがいるスポーツジムに向かうトッコヨン。

そこで、ジャへが警察官死体遺棄に関わっている可能性があることを知り・・・。

第15話

取調室に呼ばれたジャへ。

トッコヨンが担当するが、全てがジャへの計画の一部なのではないかという疑念と恐怖にかられる。

ジャへは自分の裁判に弁護士復帰したナラを選び、ナラは必死でジャへの無実を証明していく。

第16話

ナラの元を尋ねるイノだったが、もう家族とは関わらないよう言い渡される。

その頃、仲間割れの末に敵対関係になったハクボムとテソク。

ビョンギを殺した罪でテソクは捕まるが、ハクボムに指示されてのことだと供述する。
そしてジュニは全てをトッコヨンに吐露する・・・。

第17話

ジュニはテソクとハクボム、イノを別荘に呼ぶ。
トッコヨンを密かに呼びつけ、三人がそれぞれの罪を供述しているところをおさえる作戦だった。

ジャへは三人の悪事をネットで大々的に報道する。
そしてまた、自らの罪もそこで暴露するのだった。

その後ジャへは、9年前の強姦事件の被害者女性の母であったことを伝え、川に飛び込み自殺する。

リターン韓国放送中に主役の降板?

出典:donga

放送当時、13話という盛り上がりの局面で、ジャへ役のコヒョンジョンが降板したことで話題になりました。
意見の食い違いで制作スタッフと対立していた、と言われています。

その後パク・ジニがジャヘ役を継ぎ、混乱を招くかと思われましたが、ストーリーに引き込まれた視聴者からは問題なく高評価を得、高視聴率を掲げたままドラマは終了しています。

韓国ドラマ「リターン」のDVDは?

「リターン」のDVD-BOXがAmazonにて販売されています。

社会の闇を取り上げたサスペンス韓国ドラマ「リターン」

出典:naver

急な展開の方向転換に惑わされ、続きが気になって仕方がない人続出のサスペンスドラマ「リターン」。

法によって正しく裁かれない事件を題材にし、法律の欠陥を的確に捉えたとして放送当時大きな話題を呼びました。

主演女優が交代したこともあり、序盤と後半とで印象が少し変わる面白さも味わえますね。

衝撃的なラストでは、切ない気持ちになること間違いなしです。

「リターン」衝撃の展開はTSUTAYA TVでのみ見放題!

韓国ドラマ「リターン」は現在TSUTAYA TVでのみ配信されています。

TSUTAYA TVは30日間無料トライアルを実施しているので、無料ですぐに視聴することができます。
今すぐ登録して無料期間中に『リターン』をイッキ見してみましょう!

無料でTSUTAYA TVに登録して「リターン」を観る

TSUTAYA TV無料トライアルのご登録方法はこちら↓
TSUTAYA TVに登録してログインするまでをわかりやすく解説
TSUTAYA TVに登録してログインするまでをわかりやすく解説

TSUTAYA TVへの登録で困ってはいませんか? 店舗にレンタルしに行かなくても自宅で動画を楽しめるTSUTAYA TVは魅力的ですが、お金を払ってもちゃんと見られないともったいないですよね。 TS ...

続きを見る

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ

-ドラマ
-, , , , , ,

Copyright© 韓MAGA , 2020 All Rights Reserved.