ドラマ

韓国ドラマ『サイン』のあらすじ、キャスト紹介【ネタバレあり】

2019年12月2日

ドラマタイトルサイン
原題싸인
年代2011
最高視聴率25.5%
ドラマ話数全20話

パク・シニャン主演、韓国SBSで2011年に放映された「サイン」は、韓国では初めてとなる法医学を題材にしたサスペンスドラマで、「韓国版CIS科学捜査班」とも言われ大ヒットしました。
2019年には大森南朋主演で日本でもリメイクもされ、話題になったのは記憶に新しいです。

人気アイドルがコンサート中に殺害されるという事件をきっかけに、その解剖を担当した法医官のジフン(パク・シニャン)が、大きな権力によって真実を捻じ曲げられそうになりながらも、信念を持って追究するというストーリー。
最終回は最高視聴率25.5%を記録、思いがけないストーリー展開に衝撃が走りました。

「朱蒙」や「ペク・ドンス」など時代劇でお馴染みの名優、チョン・グァンリョルをはじめ、キム・アジュンやチョン・ギョウンなどの若手俳優陣の好演も光る、ドラマ『サイン』。
どんな内容なのか、早速ご紹介していきます。

『サイン』キャスト紹介

ユン・ジフン役:パク・シニャン

パク・シニャン

出典元:hani

国立科学捜査研究院(科捜研)の法医官。 検視の腕は科捜研イチだが口が悪く、自分の信念に背く相手なら誰であろうと食ってかかるなど人間関係では何かと問題を起こしがち。
上司であり父親代わりの法医官チョン・ビョンドは、唯一心を許せる相手である。


コ・ダギョン役:キム・アジュン

キム・アジュン

出典元:hani

もともと検視官だったが、事件現場でジフンと出会い法医官に転身。
口が悪く、常に怒鳴りつけられてばかりいるジフンをはじめは嫌っていたが、仕事に対する姿勢と、垣間見える優しさや不器用さに徐々に惹かれていく。
明るく前向きで行動派な一方、無鉄砲であぶない目に遭うこともしばしば。


イ・ミョンハン役:チョン・グァンリョル

チョン・グァンリョル

出典元:sosweetcar1

サンムン大学法医学科長から科捜研院長になる、ジフンの上司。
ジフンと常に対立している。


チェ・イハン役:チョン・ギョウン

チョン・ギョウン

出典元:kookje

父は検事部長の警察官。
人気アイドル殺人事件の背後に隠された真実を追うため、ひとりで捜査に乗り出す。


チョン・ウジン役:オム・ジウォン

オム・ジウォン

出典元:sports.khan

ユジンの元彼女で、事件の真相を追う検事。真面目で融通が利かないところが欠点。


カン・ソヨン役:ファン・ソニ

ファン・ソニ

出典元:hankyung

亡くなったアイドルの彼女と噂される女性。
国会議員カン・ジュンニョクの一人娘。


チョン・ビョンド役:ソン・ジェホ

ソン・ジェホ

出典元:kbmaeil

イ・ミョンハンが院長になるまで科捜研院長。
ジフンの父親代わりで、恩師としても慕う人物。


カン・ジュニョン役:パク・ヨンジ

パク・ヨンジ

出典元:tvcf

次期大統領候補の国会議員。
カン・ソヨンの父。

『サイン』あらすじ紹介

サイン

出典元:news.sbs

人気アイドルグループのボーカル、ソ・ユニョンが、公演中に控え室で遺体となって発見された。

新米検視官のコ・ダギョンは、先輩検視官のチョン・ムンスとともに現場で検視したが、詳しい死因は不明のままユニョンの遺体は科捜研へ送られた。
解剖を担当するのは、法医官のユン・ジフンだ。

事件をきっかけに、大きな権力が動き出す。
一部分だけ消えた監視カメラのテープ、コンサート関係者たちがついたウソの証言、そしてファンの間でささやかれる、ユニョンの本当の彼女という謎の女性…。
ユニョンの解剖に関しても、科捜研院長イ・ミョンハン自ら行うと、ジフンから遺体を奪おうとする。

ミョンハンの目的は何なのか?そしてこの事件に隠された真実とは?

『サイン』各話あらすじ(ネタバレあり!)はこちらから

第1話

人気アイドルグループのボーカル、ユニョンが公演中に控え室で遺体となって発見された。
新米検察官のダギョンは、この事件を最後に引退する先輩検察官、ムンスとともに検視を担当した。
しかし、死因は解明されず遺体は科捜研に送られた。

国民的アイドルの謎の死に世間の関心が集まる中、ジフンはユニョンの解剖を担当する。
しかし直前で、尊敬し父と慕う科捜研院長のビョンドから、解剖を他の法医官に任せるよう告げられる。
その担当法医官が対立するミョンハンだと知ったジフンは…。

第2話

ミョンハンから遺体を奪い取ったジフンは解剖の結果、ユニョンの死因が窒息による他殺であると断定する。
その矢先、ユニョンのスタイリストが青酸カリを使った殺害を自白。
ジフンの検視結果と異なることから、検察の命令でミョンハンのもとで再検視されることになり、結果は青酸カリ中毒死とされた。

一方、事件を追う刑事のイハンは、「ユニョンの本当の彼女」と噂される女性の写真を入手するが、この事件をおおごとにしたくない弁護士のチャン・ミンソクによって奪われてしまう。
やがて、自首した犯人に大金が渡っていたことが明らかに。
そして事件の犯人が、次期大統領候補カン・ジュニョクの娘、カン・ソヨンであることが分かり…。

第3話

ユニョンの死因をめぐり対立するミョンハンとジフンの結果。
科捜研院長のビョンドが再度検視することになったが、直前にミョンハンが現れ、殺害事件の真相を明かす。
そして、「20年前の事件」を暴露するとビョンドを脅した。

ビョンドは検視の結果、ミョンハンの判断が正しいと公表する。
責任を取って院長の座を退き、ジフンは地方へ左遷された。

一方、ダギョンは尊敬していた先輩検視のムンスが、事件の証拠となるテープを持ち去り処分したことを知り失望し、検視官を辞めることを決意。
この事件をもみ消す指示は、全て犯人であるソヨンが指示していた。

1年後。医師免許を取得し法医官となってジフンの前に現れたダギョンは、ジフンが未だにユニョン事件について調べていることを知り…。

第4話

ソヨンの鶴の一声で、ユニョン事件は自殺として幕引となった。
ソヨンの計画に協力したミョンハンは科捜研の新しい院長となったうえ、多額の資金援助まで受けられる見通しとなりご満悦。

そんな中、科捜研の本院と分院それぞれに遺体が運ばれてきた。
本院では、ミョンハンが視察に来た国会議員を前に自らメスを握り、分院ではジフンが解剖を担当することに。
その結果、交通事故死であると断定するミョンハンに対し、ジフンの出した答えは…。

第5話

遺体に残った車両のエンブレム跡から他殺であると推察したジフンは、薬物反応を調べるため血液分析するよう指示する。
ミョンハンが検視した遺体にも車両のエンブレム跡が見つかったが、ミョンハンは単純な事故として処理した。

一方、放火事件を捜査するイハンは、自分の担当する事件とミョンハンが検視を担当した事件にある共通点を見出し、検事のウジンに相談する。
しかしその矢先、第3の被害者が出てしまう。

第3の被害者の検視を担当したジフンだったが、連続殺人事件として断定できる確たる証拠は見つからず、遺体が見つかった現場へ手がかりを探しに向かう。
しかしそこにはダギョンがいて…。

第6話

ジフンとダギョンは、遺体に残された車両のエンブレムと同じ物質が付着した車両を発見。
大量の薬品と複数の白骨遺体も見つかった。

血液分析の結果、連続殺人事件であることが分かり、捜査本部が設置されることに。
交通事故だと結論付けたミョンハンは自分の間違いを認めざるを得なかった。
ジフンを責任者にし、この事件を再び調べなおそうとする警察サイド。

そんな中、自分が犯人だと名乗る男が出頭する。
捜査本部で検視に取り掛かろうとするジフンに、自分も加えてほしいと頼み込むものの断られてしまい、仕方なく帰途へ付こうとしたダギョン。
そこに通りかかった一台の車へと乗り込んだ。

一方イハンは、放火事件と連続殺人事件が同じ日に起こっていることに気付く。
そこからあぶりだされた真犯人は…。

第7話

連続殺人犯のスヒョンに拉致されてしまったダギョンは、間一髪のところでジフンに救い出される。
ジフンは、ダギョンの妹も同じような事件に巻き込まれていたことを知る。

スヒョンが逮捕され、事件解決の一助となったジフンの評価が高まることが面白くないミョンハン。

ある夜ミョンハンは、次期大統領候補のカン・ジュニョクから呼び出される。
依頼は、科捜研に運ばれてきた銃殺遺体の死因をねつ造せよとの内容だった。
「より強い国づくりのために」という口癖のようなジュニョクの言葉に、ミョンハンの表情は硬い。

一方ジフンはダギョンと、韓国人の白骨遺体を引取るため広島を訪れていた。

第8話

ジフンは白骨遺体の手がかりを追って、朝鮮人学校の校長のもとへ。
校長は、ある女子学生のことを思い浮かべるが、詳しいことは分からず、遺体は身元不明のまま葬られる。

一方、先の事件で謹慎処分を受けた検事のウジンが、焼き肉を食べにイハン宅に行くと、上司である検事部長と鉢合わせする。
イハンが検事部長の一人息子だとはじめて知ったウジン。
それ以来、何かとイハンに気を遣うようになる。

白骨遺体の身元確認作業が終わった。
検視作業でお世話になったレイコに誘われ居酒屋で食事をするジフンとダギョン。

そこで2人はレイコからある女性を紹介された。
その女性こそがユニョン事件の犯人、カン・ソヨンだと気づいたダギョン。
店を後にする彼女を必死で追うが…。

第9話

ダギョンとイハンは、ある銃撃事件について捜査協力を依頼された。
この事件は、何らかの圧力によって捜査がうやむやにされてしまっていたのだ。

事件の話を耳にしたジフンも捜査を進める。
証拠を調べる中で、事件の容疑者とされていた人物も被害者の一人であり、真犯人は別にいるということを突き止める。

そんな中、濡れ衣を着せられた男性が死亡。
検視はしないという担当刑事の判断に納得がいかないダギョンは、遺体の安置場所に無断で入る…。

第10話

検事の許可なく勝手に検視をしたことで、職を解任されてしまったダギョン。

事件解明をあきらめないジフンは父親の仕事を手伝うダギョンを訪ね、再び事件現場で捜査を始める。
そこで決定的な証拠をつかんだ2人。
ミョンハンはこの事件を葬るべく何かと手を回すが、ジフンたちが提示した証拠が決定打となり、真犯人である米軍兵士が逮捕され事件は解決する。
ダギョンは法医官として復職を果たした。

そんな中、20年前のとある事件を証言する人物がテレビ番組に出演し、その放送を見たミョンハンはビョンドへ連絡する。
ジフンの亡くなった父親がこの事件に関係していることを持ち出したミョンハンは…。

第11話

ジフンの元にはある新聞記事が送られてきた。
それは1991年、ある会社に勤務する社員5人の突然死を伝える内容。

ちょうどその頃、イハン達が追う事件の解剖依頼が入ってくる。
ジフンは今回の事件が、自分の父親が亡くなったことと関係するのではと疑い始める。

そんな中、とある会社に勤める社員3人が相次いで亡くなる事件が発生し、そのうちの一人についてイハンとウジンが捜査を始める。

死亡した社員が勤めていたハニョングループに向かったイハンとウジンは、女性社員から「似たような事件が20年前にもあった」と聞かされる。
しかしその後、この社員は急死。
ダギョンとイハンは、この女性社員が亡くなる直前に会っていたチョン社長が事件に関わっているのではと疑う。

ジフンは過去の検視の記録を探しに国家記録院へ。
そこで、父親の検視を行った人物が、ビョンドであることを知る。
ジフンはビョンドの家へ向かうが…。

第12話

ビョンドの自殺に打ちひしがれるジフン。
この自殺にミョンハンが絡んでいると考えミョンハンのもとへ向かうが、ミョンハンは真相を語らない。
ジフンは、ビョンドの死の真相や、20年前の事件について解き明かすと言い放つ。

突然死した女性社員の検視を始めるジフン。
遺体からは毒物は検出されなかったものの、そこである毒物のことを思い出した。

そんな中ジフンは、「20年前の事件」で亡くなった遺体が土葬されていたという知らせを受ける。
解剖の結果、遺体から「アンチモン」という毒物の検出に成功。

一連の事件にアンチモンが使われたことをつかんだジフン。
しかし、この事件を公にすることによって、尊敬していたビョンドの名誉を失墜させるという話を突き付けられ…。

第13話

20年前の事件を起訴するかどうかを諮る検察委員会で、ダギョンは、死因をアンチモンを摂取したことによる中毒死だと証言。
一方、ジフンは致死量の観点から自然死であると反対証言した。

結果、ジフンの証言が採用され、死亡した社員が勤務していた会社の代表理事が無罪となる。
ダギョンはジフンらしからぬ答えに戸惑うものの、ジフンが連続変死事件の究明を諦めていないと知り、再びジフンについていく。

一方イハンは、亡くなった女性社員の遺品から結婚式の招待状を発見する。

そこから浮かび上がった女性の婚約者が今も社内にいることを確認し、ジフンたちに婚約者を見つけるよう要請。
しかし到着した頃には、婚約者はチョン社長を道連れにして死亡していた。

責任を痛感したジフンは科捜研に辞表を提出し、姿を消す。

そんな中、ユニョン殺害事件の真犯人を巡ってマスコミが騒ぎはじめる。

第14話

世間の関心がユニョン事件に再び集まるなか、自白していたイ・スジョンはイハンを呼び出し、真実を話そうとしていた。

ところが、先回りした真犯人のソヨンによって、刑務所内での事故死に見せかけ殺害されてしまう。
事件直後に刑務所に到着し、スジョンの死を知ったイハン。
スジョンと親しかった囚人を探し出し、「ユニョンの飲料に青酸カリは入れていない」と自分に伝えるつもりだったと知る。

ウジンからの依頼でスジョンの検視をを引き受けたジフンは、現場の状況から死因が感電死であることを疑う。
しかし事故死なのか、殺人なのか、決定打がない。

再び現場の防犯カメラ映像を確認したジフンたちは、ユニョンが口にしたと思われる青酸カリ入りの飲料がスタッフジャンパーにかかっていたことを発見。
イハンとダギョンは急いでそのジャンパーを回収しに向かうが…。

第15話

犯人とされていたスジョンの潔白が証明され、ウジンはユニョン事件の再捜査に着手する。

一方、辞表を提出したジフンにミョンハンは、これ以上ユニョン事件に介入するなと忠告。
それに対しジフンは「必ず真実を明らかにする」と告げた。

そんな中、通り魔による殺害事件が発生。
遺体の傷跡を見たダギョンは、5年前に妹に降りかかった事件と重ね合わせていた。
ダギョンの妹もまた、同じように頭部を金づちで殴られ、植物状態となっていた。

当時のコンサートスタッフから証拠のジャンパーの提供を受け、分析にまわしたが、青酸カリは検出されず。
ウジンはこのことからユニョン事件の再捜査を始め、ソヨンもまた、事件に関わった人々との接触を始める。

ジフンは、事件隠蔽に関わったとされる、ユニョンが所属していた芸能企画社の社長を訪ねていた。
関係者が次々と殺されていることから、社長の身の危険を回避するためにも自供するよう説得するが、当初社長は聞く耳を持たない。

しかし、さらに死者が出たことから、社長はついに身の危険を感じるようになる。
ホテルにこもり、他人との接触を拒むようになる。

社長から呼び出され、ホテルを訪ねたジフン。しかし応答はない。
そんな中、悲鳴が上がり駆けつけたジフンは… 。

第16話

社長の死因が窒息死であるということが分かり、防犯カメラの映像にソヨンが写っていたことからソヨンの犯行を確信したイハンとウジン。
まだ証拠としては薄いと考えた2人は、目撃者を探し出し、証言を得ることに成功した。

一方、ある事件のダギョンの鑑定結果を偶然目にしたジフンは、死亡推定時刻に疑問を覚える。

ダギョンは自分が鑑定結果を操作しなければならなかった理由を話すため、ジフンを連れて病院へ向かい、植物状態で寝たきりの妹と対面させる。
ダギョンは医師から、妹を救うには心臓移植しか道はないと言われていた。

ユニョン事件をめぐっては、ソヨン犯人説が報道により広まっていた。

ソヨンの父であり次期大統領候補のジュニョンは、弁護士のミンソクに、早急に火消しを求めた。
やがて検察庁で記者会見を行い、ソヨンが犯人であると発表したウジンだったが…。

第17話

ユニョン事件の証拠サンプルを持って家を出たダギョンの目の前に現れたミョンハンは、そのサンプルと引き換えに妹の命を助けると交換条件を突きつけた。
ダギョンはその申し出を断り、サンプルは無事分析へとまわされたが、結果は不一致。
捜査は行き詰ったかに見えたが、ミョンハンが裏で証拠サンプルを入れ替えさせていたのだった。

ダギョンの妹を襲い寝たきり状態にさせた被疑者のイ・ホジン。
別の殺人容疑で逮捕されたが、アリバイが立証され、釈放されていた。
そんな中、ついに犯行が繰り返される。

ホジンが以前勤めていたゲーム会社に話を聞きに行ったジフンは、彼が精神状態に問題を抱えていたという話を耳にする。
さらに、ホジンが作成したゲーム企画案を見て、ジフンは次の殺人ターゲットの存在に気づき…。

第18話

何者かによって襲われたウジンは、悲鳴を聞いて駆けつけたイハンによって助けられ一命を取り留めるものの、頭部に重傷を負った。
警察にマークされていたホジンは間もなく取調べを受けるが、犯行を否定。

そんな中、ホジンのシナリオ通りに、新たな殺人事件が発生。
現場で検視を担当したジフンは一連の事件には共犯がいると考え、ホジンを取り調べているイハンに連絡。
やがて共犯はゲーム会社の社員で、ホジンの高校時代の友人ウ・ジェウォンであることを突き止める。

そしてまたもやホジンのシナリオに書かれていた、連続殺人事件が発生する。
必死の捜査の結果、ジェウォンは逮捕される。

ジェウォンは事件は全て自分の犯行であると供述し、またもやホジンは釈放される。
警察を出たホジンが向かった先とは…。

第19話

ダギョンの父親の誕生日に招かれることになったジフン。

すっかりジフンのことが気に入ってしまった父親に、勧められて飲めない酒を飲んだジフン。
思いがけず寝入ってしまい、ダギョンの家で一晩を明かす。
翌朝、目覚めたダギョンの部屋でユニョン事件の証拠テープを見つけたジフンは、ダギョンとともに先輩検視官のムンスを訪ね病院へ向かう。
しかし、ムンスはすでに視力を失っていた。

一方、次期大統領候補のジュニョクに会いに行ったミョンハン。
ジュニョクと交わしたある約束を確認するためだったが、ジュニョクからの返事は思ってもみないものだった。

そんな中、ムンスの容態が急変。
ジフンを呼ぶように頼んだムンスは、病室に現れた人物に証拠テープのコピーの存在を知らせ、そのまま息を引き取った…。

第20話

ダギョンがジフンの自宅を訪ねると、ジフンが暗闇で倒れていた。
科捜研に運ばれる一体の遺体。
検視を担当したダギョンは、死因をユニョン事件と同じ窒息死だと判断した。

一方、最後までジュニョクに仕えようとする弁護士のミンソクは、何とかミョンハンを説得し事件の隠滅を図ろうと躍起になるが、ミョンハンの心は既に決まっていた。

ウジンは今回の事件を担当したいと願うものの、既にミンソクによって手が打たれ別の検事が担当する事に。
自分の無力さを感じたウジンは、イハンに全てを任せた。

事件現場であるジフンの自宅へ出向いたイハンは、壁に掛かった額縁から隠しカメラを見つける。
ジフンが残した最後の記録を見たイハンと法医官たちは衝撃を受け、やがて解剖を行っているダギョンも証拠となる物質を見つける。

『サイン』ロケ地情報!日本で撮影

『サイン』は韓国ドラマですが、なんと日本にもロケ地があります。

ドラマの第7・8話で、広島県尾道市を拠点に撮影されたシーンが見られました。

★千光寺公園

身元不明の遺体について話を聞くため、ジフンとダギョンが訪れたお寺です。
少し小高い丘の上に位置するお寺から臨む瀬戸内海は絶景! 桜の名所としても有名です。

★とりかわ権兵衛

帰国前に食事をしていたジフンとダギョンが、カン・ソヨンと再会するシーンで使われた居酒屋。
尾道駅の近くにあるそうです。

韓国ドラマのロケ地をソウル市内で巡る!名作の撮影スポットも!

明洞から始まり明洞で終わる、ソウル市内だけで1日巡れるロケ地紹介!有名な韓国ドラマで使用されたスポットを厳選。 ロケ地として使用されたレストランやカフェもソウル市内からピックアップし、あわせて紹介しま ...

続きを見る

 

『サイン』のDVD情報

『サイン』のDVD-BOXは現在Amazonにて発売されています。

サイン コンパクトDVD-BOX(スペシャルプライス版)

衝撃のラストに目が離せない『サイン』

コ・ダギョンを演じるキム・アジュン

出典元:newdaily

法医学を巡って複雑にからみあう権力と思惑。
19話までに仕込まれたラストの予想を、最終話で見事にひっくり返されました。

納得できるようでどこか切ない。
イハンの生きざまに、心をうたれること間違いありません。

U-NEXTでは『サイン』がすべて無料で見放題

動画配信サービスのU-NEXTでは、今回ご紹介した「サイン」全話を含む韓国ドラマ860作品がすべて見放題です。

U-NEXTは31日間無料トライアルを実施しているので、この機会にぜひ「サイン」をお楽しみください。

\ 31日間無料トライアル‼ /

U-NEXTに登録し、無料で「サイン」を見る

U-NEXT無料トライアルのご登録方法はこちら↓

U-NEXT入会(会員登録)のポイント

数ある動画配信サービスの中で最も韓国ドラマの配信が充実しているサービスが「U-NEXT」です。 このページでは、U-NEXTの登録手順について紹介します。 必要なもの、料金、支払い方法、無料お試し期間 ...

続きを見る

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ

-ドラマ
-, , , , , ,

Copyright© 韓MAGA , 2020 All Rights Reserved.