ドラマ

椿咲く頃(椿の花咲く頃)あらすじネタバレ紹介!気になるキャストは?

2019年12月3日


現地韓国で高視聴率をキープしたまま放送終了した2019年韓国ドラマの「椿の花咲く頃(椿咲く頃)」。
コンヒョジンやカン・ハヌルを主役に加え、暖かい日常を描きながらも裏でうごめくサスペンス要素を取り入れたドラマです。
最終回まで緊張感を逃さない展開に視聴者は釘付けとなっていたようです。

椿の花咲く頃(椿咲く頃)キャスト紹介

トンベク役:コン・ヒョジン
居酒屋カメリアの女主人であり、幼い息子のピルグを育てるシングルマザー。
借金を背負った母のせいで辛い生活を強いられてきたトンベクは、それ以来隠れるようにして生きてきた。
そんな彼女の前に現れたヨンシクは全力でトンベクのことを心配し、そして「君は最高だ!」と真っ直ぐな気持ちを伝えてくる。
そんなヨンシクの優しさに、トンベクの心は徐々に解きほぐされていく。



ファン・ヨンシク役:カン・ハヌル

オンサンの街で警察官として働くヨンシク。
猪突猛進型の性格ゆえ、事件が起きれば銃よりもスパナを持ってすぐに駆けつける行動派。オンサンでは愛される存在。
そんなヨンシクの前に現れた、美しい女性トンベク。
彼女に一目惚れしたヨンシクは、その行動力と愛らしい笑顔でトンベクの心の中に入ろうと努力を惜しまない。


カン・ジョンニョル役:キム・ジソク
メジャーリーガーになれるほどの実力をもつ人気野球選手。
9歳年下のモデルと「できちゃった婚」をし、世間では誰もが羨む仲良しファミリーとして知られているものの、その実態は間逆。
妻の仕事も子育ても放棄した幼い妻は実家に戻り、子育ては全てジョンニョルの仕事。
そんな関係に疲れきっていた彼の前に、かつての恋人・トンベクが現れ・・・。


ジェシカ役:チ・イス
フリーモデルでありジョンニョルの妻、そして一児の子供の母の肩書きを持つジェシカ。
例え仮面夫婦であってもその命を維持させるために「カン・ジョンニョル夫人」という肩書きは必要不可欠であった。
しかしどこか寂しく虚しい生活を送っており・・・。


ノ・ギュテ役:オ・ジョンセ
カメリアの大家であり眼鏡士。傲慢な性格とは裏腹、結婚8年目になる弁護士の妻には頭が上がらない。
夫婦ともに「士」がつく職業に従事していることはギュテのプライドであり、唯一自分が誇れるものであったが、弁護士の肩書きを持つ妻には劣等感を抱いていた。
だからこそオンサンの群主になって妻と同じ立ち居地に並びたいギュテだが・・・。


ジャヨン役:ヨム・ヘラン
ギュテの妻で離婚専門弁護士。幼い頃からエリートだった彼女は弁護士になった今、街の人たちから頼られることが唯一の誇りであった。
ギュテとは予備校で知り合い、その後偶然見合い相手として紹介され結婚。
ギュテに好意を抱いていたジャヨンにとっては渡りに船の結婚であったが、オンサンにトンベクが現れて以来変わってしまった夫に、ジャヨンの心は嫉妬の炎で燃え上がる。


ヒャンミ役:ソン・ダムビ
カメリアのアルバイト。誰かを警戒しているのか、それとも何かネタになりそうなものを探しているのか、常にキョロキョロしている。
一体何を考えているのか分からないヒャンミに対し、オンサンの人々は警戒する。


ピルグ役:キム・ガンフン
トンベクの8歳になるひとり息子。身体は小さいが母親を守ろうとするその心意気は大人も緊張が走るほど。
母親をいじめる奴がいたらどこにだって駆けつける、トンベクの小さな守護神。


クァク・ドクスン役:コ・ドゥシム
ヨンシクの母。夫と死別して以来、女でひとつで3兄弟を育て上げた。
とにかく困っている人を見たら放ってはおけない性格で、身よりなくオンサンにやって来たトンベク親子は、まるで自分の若い頃を見ているようで特に気を使い可愛がった。
しかし可愛い末息子ヨンシクがトンベクに好意を抱いていると知ったある日を境に、母の心は複雑となった。


ジョンスク役:イ・ジョンウン
トンベクの実母。7歳の頃にトンベクを捨てたが、認知症を患い再びトンベクの前に姿を現す。


ビョン所長役:チョン・ペス
オンサン派出所所長で、ヨンシクの上司。ヨンシクが17歳のときに知り合って以来の仲である。

椿の花咲く頃(椿咲く頃)あらすじ紹介!

人の往来などほとんどない寂れた田舎町・オンサンに一人の美しい女性が引っ越してきた。
トンベクと名乗るその女性は、8歳の息子をひとりで育てるシングルマザー。
知り合いも親戚もいないこの田舎町で、トンベクは生活の為に「カメリア」という居酒屋をオープンさせる。
一方オンサン派出所に警察官として勤務するファン・ヨンシクは、田舎臭さは残るものの誰もが認める好青年。

そんなヨンシクはある日、オンサンにやって来たトンベクに一目で恋に落ちる。
子持ちであることなど関係なく、一途に気持ちを伝え続けるヨンシク。

幼い頃から苦労を重ね、誰かを愛したり愛されたりなどの気持ちはとうの昔に捨ててしまったトンベクだったが、ヨンシクのこの愚直な声援に、やがて彼女の心も少しずつ動かされていく。

そんな中、起こる謎の連続殺人事件。
どうやらトンベクに関係しているようだが、犯人も犯行の目的すらも分からないまま、トンベクの身に迫る危険。
事件の真相は何なのか?そして、トンベクとヨンシクの恋の行方は…?

椿の花咲く頃(椿咲く頃)各話あらすじ(ネタバレあり!)はこちらから
【第1話】
寂れた田舎町のオンサンに縁もゆかりもない美しい女性・トンベクが引っ越してきた。
何の娯楽もないつまらない街などすぐに出て行くだろうという予想とは裏腹に、6年もの間「居酒屋・カメリア」を営み続けてきたトンベク。
そんな彼女の前に、田舎臭いがどこか魅力的な男ヨンシクが現れ・・・。
【第2話】
トンベクを見るや一目で恋に落ちてしまったヨンシク。
一方で街の人気者であるトンベクの居酒屋は大盛況。カメリアを切り盛りするのに忙しい日々を送っているが・・・。
【第3~4話】
ギュテとトラブルを起こしたヨンシクは、告訴しようとするギュテに対し素直に謝ることができず、問題は大きくなるばかり。
一方トンベクは、日増しに成長していく息子のピルグが父親の存在を気にしだすのではないかと心配になりはじめていた。
その上、商売もせずにカメリアに入り浸る夫に不満を募らせた妻たちが、トンベクを目の敵にし始めていたのだ。そんな母を守ろうとピルグは同級生と喧嘩三昧の日々。
ある日喧嘩をしていたピルグを助けたヨンシクは、そこでピルグが初めてトンベクの子供であることを知る。
【第5~6話】
ヨンシクとトンベクの関係を怪しむ噂話で、にわかに騒がしいオンサンの街。
一方、オンサンで起きた連続殺人事件に関心を示したヨンシクは、過去の事件を掘り下げていく中である秘密を知ることとなる。
【第7~8話】
ヨンシクが常に自分の側にいることで妙な噂が立ってしまい困り果てたトンベクは、これ以上付きまとわないで欲しいと伝えるも逆効果。
ヨンシクは更にトンベクを守ろうとし、事態は悪化する一方。そんな中トンベクの前に現れたチョンニョルは、ピルグのために奔走。
チョンニョルの存在はヨンシクの心を不安にさせるのだった。
【第9~10話】
ヨンシクの好きな相手がトンベクだということを知ったドクスンは、交際に猛反対。
トンベクもまたドクスンに、ヨンシクとは付き合うことはないと伝える。
一方ギュテに対するヒャンミの度を越す脅迫は、日を追うごとにスケールを増していくが・・・。
【第11~12話】
トンベクとヨンシクの心が通いはじめた一方で、トンベクもドクスンもお互い複雑な気持ちを抱えていた。
一方ヒャンミに騙されたギュテは次第におかしくなり始め・・・。
【第13~14話】
「これ以上黙っていない」と行動に移し解決しようとするトンベクの姿に、街の人々のトンベクに対する態度は次第に変わり始める。
しかし簡単には行かず苦難する日々。
【第15~16話】
本音は怖いものの、恐怖を握りつぶすかのようにこぶしをぎゅっと握り締めたトンベクを心配するヨンシクは、「自分がこの犯罪を終わらせてやる」と自らを鼓舞。本格的に容疑者捜索に乗り出す。
一方トンベクに会うことに後ろめたさを感じるジョンニョル。日に日にトンベクやピルグの姿が鮮明に目に浮かぶようになり・・・。
【第17~18話】
喜びも哀しみもつまったこのオンサンの地を去ろうと決めたトンベク。
そんなトンベクの決断を聞いた街の人たちは複雑な心境であった。
中でもドンベクに辛く当たってしまったドンスクは、常にトンベクが気になって仕方がない。
一方自主的に警備網を強化したヨンシクは、独自にカブリの足跡を追うが・・・。
【第19~20話】
大胆で正直な男・ヨンシクと、知れば知るほどコントロールが難しいトンベク。
一見成就が難しい2人の関係だったが、時が経つに連れ徐々に深まっていた。
そんなオンサンの街に湧き上がったもうひとつの愛。
ピルグと向き合う中で、ピルグに対する父性愛が目覚め始めたジョンニョル。しかしそんなジョンニョルの想いがトンベクにとっては重荷となってしまう。
【第21~22話】
ピルグの野球の試合の日が近づいてきた。応援に行きたいけど行けない事情を抱えるトンベクと、応援に来て欲しいピルグ。
結局ヨンシクの言葉に背中を押され、トンベクは初めて息子の競技を見に行くことに。不利な試合を強いられることになったピルグは果たして活躍できるのか?
そして次第に明らかになっていくヒャンミの事情とは一体何なのか?
【第23~24話】
誰にでも理由はある。暴走するヒャンミも風前の灯であるギュテも、それぞれに大切なものを守ろうとするが・・・。
【第25~26話】
ヨンシクは常に危なっかしい状況に身を置くトンベクが心配でならず、トンベクの身を守ることに没頭する。
そんな中、ピルグがチョンニョルの子供ではないかという事実が記者に嗅ぎ付けられてしまったトンベク。トンベクから話を聞いたチョンニョルは、何としてでも息子を守ろうと決意する。
一方ジャヨンに離婚を突きつけられたギュテは、夫の立場を守ろうと・・・。
【第27~28話】
ヨンシクが怪我をしたという知らせを聞いたドクスン。夫を亡くしたあの日記憶が蘇り、慌てて病院に向かう。
ヨンシクの怪我はさほどひどくなかったものの、原因がトンベクにあると感じ思わずトンベクをなじってしまう。
強制的に退院したヨンシクはビョン所長と共に事件の捜査をする過程で、ヒャンミが使用していたヘルメットを発見する。
そんな中、ジョンスクの前に現れたひとりの女性の存在。徐々にジョンスクの秘密が明らかになり始める。
【第29~30話】
ジョンスクと食事に出かけたトンベクは、ジョンスクをその場に残し店を去る。それはトンベクが幼い頃、母が自分にした仕打ちと同じ行為だった。
しかし悪人になりきれなかったトンベクはヨンシクに促され店に戻るものの、既にジョンスクの姿はそこになかった。そこで母の故郷を訪ねることに。
一方ジョンニョルは、自分に反抗的なピルグに胸を痛め・・・。
【第31~32話】
ジョンスクが突然自分の前に現れた理由を知ったトンベクだったが、日々の忙しさでショックを受けている暇などなかった。
そんな中、野球の遠征で中国に行くことになったピルグは、何やらヨンシクに頼みごとをしていく。
ショッピングモールにバイクが放置されているという知らせを受け出かけることになったトンベクは、そこで怪しい人影を見る。
【第33~34話】
ヒャンミの遺体が発見されたことで、カブリからトンベクを守るべく一丸となるオンサンの女達。
自分の代わりにヒャンミが犠牲になったことを申し訳なく思うトンベクだったが、犯人逮捕のために立ち上がる。
一方ドクスンの心ない言葉を偶然聞いてしまったピルグ。自分がトンベクとヨンシクの関係に邪魔な存在なのではないかという思いに心を痛め、ジョンニョルの元へ行こうと決める。
【第35~36話】
トンベクに対するカブリからの脅迫が日に日に増す中で、そんな危険な状況に息子を置いておけないとピルグを引き取ろうとするジョンニョル。
ピルグもすでに心を決めているようだが、一時も息子を手放したくないトンベクの心は複雑だ。
そしてついに、ヨンシクはカブリを捕まえる。
【第37~38話】
カブリが残したメッセージの意味は一体何なのか?何故ジョンスクは幼いトンベクを捨てなければならなかったのか?
続々と明らかになる真実から、それぞれの素顔が見えてくる。
トンベクとヨンシクの未来は?離婚にまで発展したジョンニョルとジェシカ、そしてギュテとジャヨン夫妻。それぞれがそれぞれのやり方で、この危機を乗り越えることはできるのだろうか?
【第39~40話】
腎臓移植が行われることになったジョンスク。
中傷の的となってしまったジェシカを守る夫、ジョンニョル。
どうしてもジャヨンと離れることができないギュテ。
そして、最後の最後でトンベクの危機を救うヨンシク。カメリアは蘇ることができるのだろうか?

「椿の花の咲く頃(椿咲く頃)」DVD・OST情報

放送終了したばかりの「椿の花の咲く頃(椿咲く頃)」ですが、DVDとOSTがAmazonにてすでに販売されています。

韓国ドラマ椿の花咲く頃DVD版 全20話


椿の花が咲く頃OST(When the Camellia Blooms )(輸入盤)

椿の花咲く頃(椿咲く頃)の日本放送は?

2019年11月21日に放送が終了した「椿の花咲く頃(椿咲く頃)」。
日本放送日は未定となっていますが、韓国でも話題となったドラマなので早々にMnetやU-NEXTでの配信が決定しそうです。
特にMnetでは他にも新作ドラマ「コッパダン」などの配信もすでに決定しており、可能性としては一番高いでしょう。

そんな話題のMnetはスカパー!で視聴可能になっています。
スカパー!では最新韓国ドラマや韓国アイドルのバラエティまで幅広く配信しており、今なら初月0円のキャンペーン中です。

お得なこの機会に現地終了したばかりの人気韓国ドラマを誰よりも先に視聴しましょう!

\ 新作韓国ドラマを初月無料で見る /

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ

-ドラマ
-, , , , , , ,

Copyright© 韓MAGA , 2020 All Rights Reserved.