ドラマ

「グッドワイフ」ネタバレ・キャスト紹介!韓国での人気は?

2019年9月4日

出典:asianwiki

ドラマタイトルグッドワイフ~彼女の決断~
原題굿 와이프
年代2016
最高視聴率6.23%
ドラマ話数全16話

『グッドワイフ』キャスト紹介

多数の賞を受賞したアメリカ版「グッドワイフ」を韓国リメイクした本作。
主役を演じたチョン・ドヨンは11年ぶりのドラマ出演で、さらに注目された作品となりました。

キム・ヘギョン役 ― チョン・ドヨン

チョン・ドヨン

news.khan.co.kr

普通の専業主婦から15年ぶりに弁護士として仕事復帰する女性。

ソ・ジョンウォン役 - ユン・ゲサン

ユン・ゲサン

adam24eve.tistory.com

法律事務所の代表弁護士で、魅力的な独身男性。

イ・テジュン役 - ユ・ジテ

ユ・ジテ

hankyung.com

検事を務めるヘギョンの夫。スキャンダルが起こるまではとても人生がうまくいっていた。

ソ・ミョンヒ役 ー キム・ソヒョン

キム・ソヒョン

nocutnews.co.kr

ジョンウォンの姉。法律事務所の共同代表を務める有能な女性。

キム・ダン役 - ナナ

ナナ

reddit.com

法律事務所の調査員。ものすごい人脈をもっている美人で有能な女性。

『グッドワイフ』あらすじ紹介

グッド・ワイフあらすじ紹介

news.chosun.com

優秀な検事である夫のテジュンとともに、何不自由もなく子供にも恵まれた家庭生活を15年間送ってきた主人公のヘギョンだったが、ある日その幸せな生活が崩れ落ちることとなる。
固い絆で結ばれていると信じていた夫のテジュンが、なんと不倫をしていたのだ。
この予期もしていなかったスキャンダルで、ヘギョンは夫と別れることを決意する。

これまで専業主婦だったヘギョンではあったが、夫と別れるということは自分が働きに出なければならない。
幸いヘギョンは過去に弁護士資格を取っていたので、法律事務所で雇ってもらえることに。

しかし、資格は持っていてもほとんど実務の経験は無かったため、いざ仕事をしてみると失敗ばかりで困難の連続であった。
そんな中、彼女を雇ってくれた法律事務所の代表弁護士のジョンウォンは、苦しむヘギョンを励まし、支えてくれていた。
そしてヘギョンとジョンウォンは徐々にとてもいい関係になっていくのだった。

ただし、ヘギョンとやり直すことを希望していたテジュンは、ヘギョンとジョンウォンの関係が面白くなく、黙っていないのだった。

各話あらすじ(ネタバレあり!)はこちらから

1話
何不自由ない幸せな結婚生活を送ってきたヘギョンは、結婚15年目を迎え、とても大きな試練に直面した。

これまでとても信頼して固い絆で結ばれていたと思っていた、優秀な検事の夫・テジュンが、別の女性と不倫をしていたのだ。
更にお金にまつわるスキャンダルまで立て続けに発覚。
一瞬にして目の前が真っ暗になるが、ヘギョンは夫との別れを決意し、愛する子供のために専業主婦をやめて働きに出ることに。

2話
結婚前に弁護士資格を取得していたヘギョンは、法律事務所に雇ってもらうことになり、弁護士として働き始める。
一方夫のテジュンは、今回の件はすべて自分が悪かった、許して欲しい、もう一度やり直して欲しいとヘギョンに頼み込む。

とてもすぐに許せる心境ではなかったヘギョンは回答を保留し、まずは子供を守るため、働くことに注力していた。
ところが、資格を持っていても実務経験に乏しいヘギョンは、なかなかその仕事を順調にこなすことができずにいた。

3話
ヘギョンはまだテジュンのことを許せずにいた。自分を欺いて不倫をしていた夫を簡単に許せるわけがない、と・・・。
それでもヘギョンは度々、夫と子供との幸せな日々を思い出してしまう。不倫のことは許せなくても、幸せだった時間はたくさんあったのだ。

仕事の方は、まだプロとは言いがたいまでも徐々に慣れてきていた。
このときヘギョンが弁護していたのは、ヘギョンが所属する法律事務所を創設した人物・ジェムン。
しかし、ヘギョンの短気な性格が災いして事件を起こしてしまう。

4話
検察のサンイルは、まだまだ実力としては発展途上にあるにもかかわらず、デイビッド弁護士の助手を務めることになったヘギョンのことを警戒していた。
そして、その存在は一目置かれるようになっていた。

案件の難易度は高く、検察のサンイルの圧力にも対処しなければならない。一方夫のテジュンとの問題は未解決のままだった。
テジュンは自分は罠にはめられただけだと復縁を望んで来るが、どうしても不倫のことが頭にあったヘギョンは、許したい気持ちはあるものの、許すこともできずにいた。

ところがこの大事なときに、今度はヘギョンと代表弁護士のジョンウォンが事務所に2人きりでいる写真を撮られてしまい、その写真が週刊誌に掲載される事態に。
事務所を巻き込む大事に発展してしまう。

5話
保釈されて家に戻ってきたテジュンは、本心ではヘギョンとなんとかやり直したいと思っているものの、見栄もあり心を揺らしていた。
ヘギョンも、テジュンを素直に許したい気持ちと許せない気持ちの中で揺れ、どっちつかずの状態。

そんな中ヘギョンは大変な案件を引き受けることになり緊張していた。
ママ友の子供が交通事故を起して弁護をすることになったのだ。

その裁判中、ヘギョンはテジュンとの日々を振り返り、やっぱり自分にはテジュンが必要なのかもしれないと感じるようになった。

6話
同じ事務所で働く関係上、ヘギョンはジョンウォンと過ごす時間が長くなったが、恋愛感情は持っていなかった。
しかしテジュンは、2人の不倫を不安視していた。ジョンウォンはエリート弁護士で法律事務所の代表でもある。

テジュンは自分が不倫をしたにもかかわらず、ヘギョンのことを独占したいと思っていた。
このとき、ヘギョンはまた難しいデリケートな事件を担当することになる。

7話
ヘギョンは次々と案件をこなしてスキルアップし、弁護士としてプロフェッショナルな雰囲気をかもしだすようになってきていた。

そんなヘギョンは、また新しい案件を担当することに。依頼者は彼女の後輩のデソクだった。
弁護を引き受けた事件の内容は、殺人。

真偽についてはまだわからないが、デソクは殺人容疑をかけられていた。
かなりの物的証拠を集めなければならず、地道に頑張るヘギョンは2人の人物にたどり着く。
それが、なんと、グギョンと夫のテジュン! ここでヘギョンの人生にさらなる試練が・・・。

8話
デソクの事件を担当していたヘギョンは複雑な心境になってしまう。
デソクを助けたい気持ちはあるものの、テジュンのことも気になっていた。
ヘギョンが綿密に調査をした結果、テジュンは殺人の容疑者にあがっていたのだ。
このままいけば、夫であるテジュンと裁判で争うことになってしまう。
ヘギョンはやりきれない気持ちになっていた。

一方で、ヘギョンが自分のことを容疑者としてみていることに気がついたテジュンは、ジョンウォンに自分が知っている情報を全て教えるという行動に出る。

しかしテジュンの事件捜査をしているサンイルはグギョンと、テジュンの身柄を引き渡す約束を交わしていたのだった。

9話
テジュンは釈放されて家に戻っていたが、その保釈が取り消されてしまう。

そんなテジュンを見ていたヘギョンは、テジュンへの不信感を強めてしまう。
ヘギョンの中にはテジュンとやり直したい気持ちもあったが、だんだんその気持ちも薄れてしまっていた。

そんな中、ヘギョンも弁護士の立場を危うくするような大変な状況になっていた。

事務所は大きな案件をクリアするようにとヘギョンにチャンスを与え、ある殺人事件を担当するように指示をする。
断ればその場で解雇となってしまう状況の中、ヘギョンは引き受ける決心をした。

10話
ジョンウォンは共同代表である姉のミョンヒのことで悩んでいた。
姉はテジュンの弁護をすることを決めてしまった。タッグを組むのはジュファン弁護士だった。
ジョンウォンも協力することはできるが、できれば関わりたくないと思っていた。
そうしているうちに裁判が始まったが、検察側に起用されたのが事務所に所属する調査員のキム・ダン。実は検察職員として働いていたこともあった人物だ。

11話
ヘギョンは弁護士としてまだ十分なキャリアを積んでおらず、まだまだ経験が必要だと思っていた。
そんなところに、ジョンウォンの姉のミョンヒが大きな案件を頼みたいと言ってきた。
断ろうとするが、説得されて引き受けることに。

ミョンヒはヘギョンに活躍の舞台を与えたいと思っていた。ヘギョンにとっても大事な勝負どころである。
ただし、相手の弁護士はドンウクという名の知れた弁護士。ヘギョンよりもはるかに経験値が高く、数多くの裁判で勝利している人物だった。

12話
弁護士のキャリアがものをいう法廷裁判で、経験値を活かしてくるドンウク。
ヘギョンはあの手この手で対抗しようとするが叶わずに、追い詰められていた。

一方、テジュンの裏金問題でジョンウォンは参考人として呼ばれることに。そこでジョンウォンは驚きの真実を知ることになった。
ヘギョンとテジュンに関する重大なことだ。

13話
ヘギョンは弁護士という仕事にもどかしさのようなものを感じていた。
それはいつも引き受けたい案件を引き受けるとは限らないからだ。例えば殺人者の弁護をしなければならなかったり・・・。

できれば困っている人を助けたいと思っているヘギョンだったが、理想ばかり言ってはいられない世界で、やりたくないこともやらなきゃいけないと自分に言い聞かせようとする。
そうして悩んでいたところに、ヘギョンの実の兄弟セビョクが突然事務所に現れる。一体なんだろうとやきもきするヘギョンだったが・・・。

14話
ヘギョンは徐々に大きな仕事を任されるようになっていた。以前は個人訴訟が多かったが、次第に集団訴訟の案件も受けるようになっていたのだ。

あるとき、会社が不当な解雇をしたとして雇用者たちが集団提訴をし、その弁護をヘギョンが受け持つことに。
ただでさえ難しい案件だったが、相手の弁護士はかつてヘギョンがやり込められた敏腕弁護士のドンウク。

一方でジョンウォンは、裁判官たちを買収工作したという容疑についてテジュンから内々に調査を受けていた。テジュンはジョンウォンが黒であってほしいと願っていた。

15話
ヘギョンは日々の業務を淡々とこなしているように見えたが、内心は迷っていた。
しかし周りには気づかれないようにしていたのだ。

一方で事務所は大きな危機を迎えていた。経験不足のジョジョルが担当した離婚訴訟でミスをし、関係者から訴えられてしまったのだ。
ジョジョルの気持ちがよくわかるヘギョンは、乗り越えて欲しいなと願うのだった。

16話
テジュンはジョンウォンについてしつこく捜査を進めていた。それがもし本当であればジョンウォンは失脚である。
そしてジョンウォンが代表を務める事務所にも検察による捜査が入り、ミョンヒはジョンウォンにしばらく共同代表を退くように指示する。

ジョンウォンは自分は何も悪いことはしていない、賄賂を渡したことなどないとヘギョンに伝える。
テジュンは捜査を緩めることなく追及を続けたが、ついにジョンウォンの無実が証明された。
しかし喜ぶのも束の間、疲れ果てたジョンウォンはしばらく休むとヘギョンに伝えた。

そしてジョンウォンへの追及に失敗したテジュンがヘギョンのところに現れ、このように告げます。 離婚はしない、子供も絶対に渡さないと・・・。
ヘギョンは敢えてテジュンとやり直すことを選ぶのだった。それはあくまでも表面上だけの夫婦として・・・。

『グッドワイフ』は女優陣の演技力にも期待できる作品

グッドワイフ~彼女の決断~あらすじ

hani.co.kr

女優陣の演技力が特に素晴らしい作品です。
主役はカンヌ国際映画祭で主演女優賞を獲得したチョン・ドヨンですが、ドラマ出演はなんと2005年以来と、久しぶりの登場が注目されました。

世界一美しい顔2年連続第一位の「ナナ」演技力も期待以上の評判

韓国ガールズグループ AFTERSCHOOLのナナが事務所の調査員キム・ダン役を演じていますが、ナナの演技力も期待以上にすごいと評判になっています。

Orange Caramel

instiz.net

そんなナナは、韓国チョンジュ市出身の27歳。
AFTERSCHOOLに2009年から参加、そのサブグループのOrange Caramelのメンバーでもあります。
2009年にアジアパシフィック国際スーパーモデルコンテストの参加者でした。

AFTERSCHOOLのナナ

blog.daum.net

2016年7月31日から2年連続で、世界一美しい顔の第一位に選ばれています。
元モデルということで顔はもちろんのことスタイルも抜群です。
SNSによくすっぴんの顔も載せています。とっても美人ですが、昔の写真とは顔が全然違うので整形疑惑もあります。
といっても、韓国では整形はそんなにハードルが高いものではないようなので、もし噂が本当だとしてもアリではないでしょうか。

『グッドワイフ』DVD情報

DVD-BOX1 2017年7月5日)発売
4枚組:第1話~第12話収録
価格:15,120円(税込)

DVD-BOX 2 2017年8月2日
4枚組:第13話~第16話[完]収録 発売
価格:15,120円(税込)

特典映像:インタビュー映像付き
販売元:株式会社KADOKAWA

韓国ドラマ風にアレンジされたグッドワイフ!サブタイトルにも注目

本作はアメリカの人気ドラマ「GOOD WIFEのリメイク版で、設定は忠実に再現されていますが、ストーリーは韓国風にアレンジされています。

主役のチョ・ドヨンの11年ぶりのドラマ復帰だったり、世界一美しい顔と評されるナナの高評価な演技だったりと、見どころがたくさんあるので、お見逃しのないようおススメしたいドラマです。
サブタイトルの「彼女の決断」が一体どうなるのかも気になるところですね。

『グッドワイフ』を無料で観るならU-NEXT

『グッドワイフ』は、U-NEXTで全話見放題で視聴できます。

無料トライアル期間が31日間あるので、この機会にぜひイッキ見しましょう!

U-NEXTの無料トライアルに登録する

U-NEXT無料トライアルのご登録方法はこちら↓

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ

-ドラマ
-, , , , , , ,

Copyright© 韓MAGA , 2020 All Rights Reserved.